・リポジトリ

・ネットワーク構造
入力画像サイズ:384×384
出力
 heatmap:46×46×19
 paf:46×46×38
構造
 convで46×46×128に変換
 分岐してさらにconv。heatmapは46×46×19に、pafは46×46×38に変換。
 concatenateして、46×46×185に変換。以上の処理をループ。

・正解データ
heatmap:各関節について正解位置を中心としたガウス分布
paf:繋がる関節関係を19個定義しておき、それらの中心をつなぐ単位ベクトル(x, y)を、リム全体に配置

・その他
COCO.jsonはオリジナルのデータセットには含まれていない
関節データの3次元目は、0:defined and invisible, 1:defined and visible, 2:not defined
画像に人が写っているのにアノテーションがない領域を定義するマスク画像も利用してる